<< スペースシャワーTV『痛快!ナンダコーレ☆』の音楽制作について。 | main | NHK『タクシードライバー祗園太郎』、本日(7月2日土曜日)13時放映開始です!ぜひとも清き一票を!! >>
リアル脱出ゲームの音楽制作秘話 その2(by スタッフS)
東京でのリアル脱出ゲームは学校や遊園地や野球場といった
実在する場所を生かした設定になっているものが多かったのですが、
6月24日からスタートした東京リアル脱出ゲームVOL.9『人狼村からの脱出』
東京カルチャーカルチャーというイベントスペースを
人狼村という非現実空間に見立てた、今までとは少し毛色の違うものになっています。

この『人狼村からの脱出』の音楽&効果音も伊藤さんが担当しています。

実在する場所を生かした脱出ゲームの場合は、
派手な演出をしたり、あえて音を鳴らして飾り立てなくとも
その場所のリアリティだけで成り立ってしまうものですが、
今回のように現実空間を非現実的な世界に変えるときこそ、
映像や効果音、そして音楽が大活躍するのです!

っと・・・このまま人狼村の曲について書きたいところですが・・・
あまり書いてしまうと、ネタバレになってしまうので、
今回はスタッフSおすすめのリアル脱出ゲームの音楽映像を紹介します。



『ある飛行機からの脱出』オープニング映像
(2010年大阪HEPHALLにて)



HEPHALLというイベントスペースを、
一気に飛行機の機内に変えてしまうオープニングムービー。
飛行機が静かに飛び立つ音から始まり、徐々にテンポが速くなり場面が緊迫化し、
心拍数がMAXになった絶妙のタイミングでの機内アナウンス。
映像を見ているだけでも、ドキドキしてしまいます。

動きに合わせての曲作りは伊藤さんの得意分野であるだけに、
映像との一体感が極めてすばらしい。


いったいどうやって作っているのだろう・・。
どこから作り始めるのだろう・・・。
謎は深まるばかりなので、伊藤さんに聞いてみることにしました。


作曲するにあたり、いつもどこから(リズム?メロディ?それとも?)
作り始めるのですか?と聞いたところ
それって『あなたお風呂でどこから洗うの?』と聞いているのと
同じようなものだよ、と謎の回答。

どどど、どういうことですか?
ちなみに、スタッフSはたいてい頭から洗いますが・・・い、いとうさんは?

君はそうかもしれないが、僕は特に決まってない。
その日一番洗いたいところから洗う。
音楽も同じで、そのときに浮かんだイメージや思いついたことがきっかけになるから、
メロディだったりリズムだったりコード進行だったり、曲によってさまざまなんだ。


なるほど。
では、この飛行機からの脱出の音楽に関してはどうですか?
音楽と映像が完全に一体化してるんですが、
映像を見ながらそれに合わせてリズムをとっているんですか?


この曲の場合、コード進行から出来上がったんだけど、
まずはメールで、ざっくりした場面説明のテキストがやってきた。

それを要約すると、

『飛行機出発のシーン』

※ここで音楽スタート

『機長と副機長のやり取りのシーン』

『燃料タンクに異常』

『このままではあと一時間で墜落する!』

『機内放送』
※ここまでで大体2分くらい。

まあこんな感じの状況説明テキスト。

これが来た時点で、なんと初日まであと5日!
時間がないので、映像も音楽も同時進行。
自分なりに映像をイメージしながら作曲した。

飛行機での旅って、期待と不安が入り混じったような感情があるから、
その心境を音楽でいかに表現するか・・・をイメージしたところ、
テンションコード(緊張感のある和音)を弦楽器で鳴らすイントロを思いついて、
それが取っ掛かりになって次々に曲ができていった。

雰囲気を出すために本物のキャビンアテンダントの声を取り入れてみたり、
飛行機が発進する音を織り交ぜることで、
この『期待と不安の入り混じったコード進行』を
さらに盛り上げ、リアリティも追及。
また、そこからどんどん事態は悪化して危なくなっていくので、
曲の後半は不協和音や低音を増やし、不安感をふくらませて、
オーケストラの音で煽って・・・という感じで、
どんどんイメージが沸いてきた。


ここまでのイメージラフを作るのに一日。
この段階で映像と照らし合わせて、合ってないところは直す。
でもこの時はバッチリで、一切直し無し!
ここからあと一、二日時間があったので、さらに曲を分厚く肉付けして完成。

僕の手元にはいつも簡単なイメージ文章と画像しかないけど、
出来た曲に実際の映像がガシっとはまって戻ってきたときのあの興奮は
いつもながら、言葉にできない感動がある。



素晴らしい!まさにプロのなせる業!



『人狼村からの脱出』に関しても、ゲーム中はもちろんのこと
入場からゲームが始まるまでの間でいかに心を掴み、
いかにプレイヤーを世界に誘い込むか、にこだわって作曲されたそうなので
今回も、伊藤さんとびきり良い仕事してますよ〜。


カルチャーカルチャーという場所を人狼村へとシフトする
音楽の持つ力のすごさを感じてみてください。
今回のリアル脱出ゲームの音楽&映像は見ものですよ!!!



東京リアル脱出ゲーム vol.9 『人狼村からの脱出』

2011年6月24日(金)-7月3日(日)
追加公演2011年7月19日(火)-7月24日(日)
会場 :
TOKYO CULTURE CULTURE



(スタッフS)

メール・コメントはこちらまで!
| スタッフより | 00:57 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://blog.itotadayuki.com/trackback/989142
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
伊藤忠之
作曲・編曲・キーボード etc...
メッセージを送る
Twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
DISCOGRAPHY
DISCOGRAPHY
DISCOGRAPHY
DISCOGRAPHY
DISCOGRAPHY
DISCOGRAPHY
DISCOGRAPHY
DISCOGRAPHY
みやこ音楽
みやこ音楽 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,ROSA LUXEMBURG,騒音寺,ママスタジヲ,Limited Express(has gone?),ロボピッチャー,CHAINS
DISCOGRAPHY
DISCOGRAPHY
まぼろしコントロール
まぼろしコントロール (JUGEMレビュー »)
ロボピッチャー, 加藤隆生
DISCOGRAPHY
DISCOGRAPHY
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS